読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向こう水博士

向こう水博士は、世の中のあらゆるテーマに対し率直に素直で真摯な意見を考える、いわば人生を好転させる福の神のような存在です。宜しくお願いします。

子育てパパ 奮闘記。長女と長男が続け始めたこと、、、

ウチには、6歳で今年、小学校一年生になった。泣き虫な長女と、今度、保育園の年長に上がったワンパクな長男がいる。かなりな怪獣っぷりだ。しかも、ウチは父子家庭ときている。

 

 

 

 

 

一時、長女にはいっぺんに色々な変化が訪れた為にいつしか癇癪を持つようになっていた。ワンパクな長男もそれに合わせたかのようにワンパク差がましていった。しかし、こんな事ではいかん!と立ち上がったパパとの長い長い持久戦の戦い始まったのだ。

 

 

私が、今回、長女との間で取り決め、必ずやっていることは、4つ。まず、1つに朝のご飯の用意とお見送り、帰りのお迎えには姉である長女を先に迎えに行き、2人でお互いに一日あった出来事を暴露し合うデートの時間、帰って来てから行う次の日の準備、そして、字を綺麗に書く練習である。

 

 

 

 

なんと!この4つを行なっただけなのではあるが、今で約1週間くらいが経つのであろうか、長女の癇癪は出なくなってきた。それどころか、あの眩しかった天使の輝きが戻って来たのだ。

 

 

 

 

 

 

それは、長男にもいい意味で飛び火し、長男も長女と一緒になって、字の勉強を一生懸命になりパパである私に見て貰おうとして来る。という形までになった。

 

 

これには、長女がパパは私を見てくれている。心配してくれている。気にかけてくれている。という思いが通じたからに違い無い。そして、それと同時に気を抜いてはならないことがあり、それは、長女に力を注ぐあまり、長男がパパは俺のことなんて心配していない!パパは俺なんてどうでもいいんだ!と思わせないことであると思う。

 

 

 

それと、面白いことには、長男が気になって練習している文字はアルファベットである。保育園で絵を描くのが好きな長男は、絵を描くのと同じ要領で大好きなアルファベットを見よう見まねで描いていく。もちろん、字の書き順なんてメチャクチャだ。描き終えたら嬉しそうにニンマリしている。

 

 

長男の描いたアルファベットはどこか芸術的で何かアートを思い起こさせる。しかし、Mという文字が何かおかしい。よく見て見ると、Mの文字はマクドナルドのMの文字を描いているのだ、、、これには笑った。よほど、またマックに行きたいと見える。お願いも篭った文字を見ながら、子供と一緒に過ごすのは本当に楽しいなと思えたここ数日間であった。

 

 

 

 

 

 

 

KOMBUCHA生サプリメント!最安値は公式サイトから!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●    

世界にたった1つ、あなただけのドメインを登録しよう!       https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TISTG+EAZZ1U+50+2HF3CJ ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

子育てパパにトータルアドバイス検証してみた第一日目 後半

自宅に長女と長男を連れ帰った私は、長男とジャレてこしょぐり回したり、綺麗に坊主に刈り上げた頭をからかったりして、時間を過ごした後、そのままいつものお風呂の支度を任せ。

 

 

今度は、長女の小学校の身支度を一緒に済ませた。

 

 

長女の準備は、毎日配られるプリントに書き記されている。それを私が読み上げて、2人で確認していく作業である。

 

 

 

 

 

もちろん、1人でもできなくはないのだが、今、新しく小学生になりたてで、新しく始まった勉強や新しい教室に、新しいお友達、そして児童クラブをかけもつ娘には少しプレッシャーがあるかとの事を考えてみた結果だった。

 

彼女はその共同作業にかなり満足したみたいで、一緒にパパと次の日の準備をするのが楽しい。

 

 

 

 

その後、お風呂に入り夕飯ではあるが、長男は食いしん坊なので食べるのは早いのだが、長女は食べることより、おしゃべりに夢中でなかなか箸が進まないでいる。

 

そのうち、満腹中枢が満たされお腹いっぱいもう食べられないとか言い出す始末。

 

これには改善の余地がある。

 

 

 

今度は、ご飯が食べ終わり、ウチは8時から9時前には健康のために寝かしつけるので、寝る準備に取り掛かる。

 

ここで、長男は、長女がキチンとしない時にはお利口さんへと変貌する。今夜は、長女に歯を磨いて来なさいよと言っただけだったのに、手や足をバタつかせ、髪を振り乱して暴れまわる。

 

 

 

ここ最近、このような感じが続いている。おかしいなと思って理由を問いただすと、大きく3つくらいの理由があった。1つは自分も長男が見ていたように、YouTubeの動画を観たかった。もう1つは、歯が痛いから磨きたくない。そして、最後に小学校での出来事があった。

 

 

 

長男は自分のする事を早々ちゃんと済ませYouTubeを観ていたのだから、長男に非はないようだ。どちらかというと、かなりマイペースな食事のペースがある長女にこれに関しては非がありそうだった。

 

歯が痛い、これは口の中を見れば分かった。下の横の前歯2本が生え変わりで抜けているのに加えて、またもう一本隣の歯が抜けかかっているのだから、痛そうである。これが、食事のスピードにも影響しているのかもしれない。

 

 

もう1つは、昔、好いていた保育園のワンパク小僧が小学校でちょっかいを出して叩いてくるらしい。もう1つは、学校で字が汚いと言われるらしいのだ。ワンパク小僧の方は先生に注意して貰ったらしく、今はおさまったらしい。字が汚いのは、パパと長女で練習をしようという宿題となった。

 

 

 

 

 

こうして、第一日目がなんとか終わりを迎えたのだが、明日もこれに劣らない日が来るとはこの時点では予想もしなかった、、、

 

 

 

 

 乳酸菌で腸内フローラも整えられちゃう!KOMBUCHA生サプリメント

 

 

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

トータルアドバイスを娘に少しずつ検証してみて第一日目

朝、小学一年生の娘と、年長さんの長男が起きだす前に起床し、コーヒーを作り、いつも通りのやめられない悪しき習慣のタバコを立て続けに2本チェーンスモークした後、一息ついてチビ達を起こし始める。

 

 

 

今日は、起こそうとして声をかけたと同時に目覚ましのアラームが鳴り、すんなりとチビ達が朝を迎えてくれた。

 

着替えのための声かけをし、普通に動きだしてくれた長女と、まだ、グダグダごねている長男をうまく誘導しながら、朝食の席に座らせご飯の準備をする私。

 

 

 

パパもうちょっと食べる!!パパお代わりするから!思い思いの言葉を口に出しながら、口にご飯を運んでいく。

 

 

食べ終わると、それぞれ髪のお手入れや歯磨きなどを済ませて靴下を履く。

 

 

 

そして、長女はランドセルを背負い、その上からまた体操服の袋を器用に背負い出かける準備をする。今日からは、一心して、近くの公園まで長男とのお見送り。

 

 

 

ふう、まずは一番艦が出てくれた。次は、弐番艦のお見送り。弐番艦の長男は、これまた手強い。そう簡単に理屈が通る相手ではない。長女とは違って愛情ばかりでは、まかり通らない。なんとか、笑わしたり、おだてたり、ごまかしたりなどして弐番艦も無事、保育園へ。

 

チビ達と迎える本日の良くできた朝である。

 

 

 

 

夕方になる。帰宅し準備を整えた私は、まず小学生の長女がいる児童クラブへと足を運ぶ。長女はいつも児童クラブで学校の宿題を終えいっぱい遊んでいるので助かる。今日からは、長男を保育園に迎えに行く前に、しばし長女とデートをし語り合う時間を作ることにしたのだ。

 

 

 

 

 

パパ、私の一日の出来事、お仕事の話や、娘の今日あった授業の中で好きな授業のお話、図書館で借りた本をいつ読んでいるかや、児童クラブで出た美味しかったシュークリームのお話。ほんの10分、15分の時間ではあるが、収穫のあるデート内容となった。

 

 

 

その後、今日学校で交通安全の勉強をして来たという長女に、少し離れた店からおつかいで弟を迎えに行ってもらい、その様子を遠くから見守っていました。無事、ニコニコ笑顔で走って来る2人は、お姉ちゃんが走らないように弟を抑えて引っ張りながら、連れて帰ってきてくれた。

 

 

 

 

 

朝からのご飯の準備やお見送り、帰りのデートが功を奏し、長女は、特別に気分が良いようで、帰って来てもはしゃいで洗濯物をたたむお手伝いをしてくれたりの結果が出ている様子。

 

とりあえず、安堵の第一日目夕方まででした。このチビ達に良き大人習慣をこれからも検証してみようかと思う。

 

 

 

 

 

 

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
   世界にたった1つ、あなただけのドメインを登録しよう!   
   https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TISTG+EAZZ1U+50+2HF3CJ
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

今日、作り上げたてパパ家庭のトータル セルフ アドバイス

朝は、チビ達より先に起きて、朝ごはんの用意をし
玄関先、階段を降りた辺りまでは見送る。

 

 

風呂にはたまに一緒に入り、あちこち洗ってあげる。

 

保育園の長男より小学校一年生の長女に今は、愛情を注ぐ。

 

歯磨きの仕上げ磨きは、どんなに自分のしたいことがあってもする。

 

布団を敷いてたまには、ゆっくり3人で手を握って寝る。

 

 

 

  

日曜日はなるべく公園で遊ばせる。

 

付き合ってる彼女に世話を過剰にさせない、期待をしない。
あっちには、あっちの子供達がいる。
することもある。

 

 

ゲームは時間、日時を決めてする。

 

自分の子は自分が守る。

 

 

以上、この規約を守って私は明日から子育てを実践していこうと思う。

 

 

 

 

可愛い子供リュックはこちら♪

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TISTH+A4E2A+3MSC+HVNAR

 

 

 

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

秋の暖かい日、都市農業センターコスモス畑のコスモスに埋もれるチビ達

f:id:k-taniguchi-1234:20161211153402j:plain

この日は、秋晴れに恵まれた日で、我々、婚約者とチビ達は鹿児島市都市農業センターにコスモスを見に訪れた。私も都市農業センターは初めてだったが、コスモスを見に行くと聞いて、少しコスモスかと舐めていた。

 

しかし、コスモス畑までドライブして行っていざコスモス畑に着くと、その穿った見方は跡形もなく消え失せた。

 

駐車場に着いた時点で、あたり一面のコスモスが目の前に広がる。心が踊るというのは、まさしくこのことだ。

 

 

 

チビ達も、ワクワクする気持ちを抑えきれないのか、駐車場から走ろうとする。それは、危ないので駐車場は危ないから走らないように注意する。

 

少し歩いて程なく、コスモス畑に到着する。見渡す限り一面のコスモス畑だ。そのコスモスもチビ達の身の丈と同じくらいある。

 

チビ達は喜んで、コスモス畑のあぜ道を走り回っている。走って見えなくなったかと思うと、違う道から出てきて、また、違う道へと走って行って、こっちから出てくる。といった具合だ。

 

周りにもたくさんの観光客が訪れ、皆んなこの綺麗に咲き誇ったコスモスを眺めたり写真に収めたりしている。

 

 

私たちも、写真を撮りながら、歩き、たまには訪れている人たちの写真を撮ったり、撮ってもらったりしながら、コスモス畑を進む。

 

チビ達はよっぽど目の前に広がっている自分の身の丈ほどもある、コスモスが気に入ったのか、息を切らしながらもハアハア言って走り回っている。

 

 

ここのコスモス本当にとても綺麗だった、辺り一面がコスモスで埋め尽くされて、そのコスモス畑の中のあぜ道を歩くことができ、コスモス畑の中からコスモスを見ることができるのだ。まさにコスモス天国だ。

 

都市農業センターのコスモス畑、またこのコスモス畑を訪れたいと私は思った。今度はチビ達の背丈がコスモスより少し大きくなった頃にこの都市農業センターを訪れて、再び綺麗なコスモスと一緒に写真を撮りたいものである。

 

 

 

 

 

 

最近、仕事の方が忙しくなってきており、そちらの方で書いております。

アンドロイド、スマートフォンからアプリ、ひふみよタイムスをダウンロードして頂いて、飛べる感じのピーターパンで書いてます。宜しかったらご覧ください。

Googleより飛べる感じのピーターパン ひふみよタイムスでも検索できます。

1234times.jp

伊佐市、曽木の滝、紅葉祭り中止をチビ達と訪れて

f:id:k-taniguchi-1234:20161210183400j:plain

今日の日曜日、私たちチビ達と婚約者は晴れていれば、伊佐市にある曽木の滝にいく予定だった。しかし、天候はあいにくの雨。インターネットの予告によると、祭りイベントは中止になるということだった。

 

取り合えず、この日は曽木の滝を見学に行って、帰りに温泉に帰ってくるという予定を立てた。

 

 

婚約者の車を私の運転で、運転して曽木の滝までのドライブが始まる。この日は、寒かったためか、トイレが近いのに悩まされながら、なんとか運転をして曽木の滝に昼頃到着した。

 

 

そして、唯一イベントの中で開かれていたピザハウスからの手作りピザを目的に中央フードブースへと移動した。一個500円でピザは売っていた、折りたたんで食べる形の三角ピザを4つ購入して、4人で食べた。

 

そのピザとても味が良く、生地も本格的な作りで、オイルなども本物でバジルなども効いていて、とてもとても美味しかった。

 

 

 

曽木の滝を見に行くと、結構な人が来ていた。着いた当初は、降っていた雨も私たちが観光に回った頃には、上がっていた。まずは、滝を展望台から覗いてみる。かなりの景色の滝である。ゴツゴツとした岩肌から、水しぶきが激しく噴射して物凄い迫力がある。圧倒される水の量だ。

 

もっと、近くまで見に行ってみようと、遊歩道に従って、歩いて行く。遊歩道の階段は、一歩ずつ歩いて行くには遠く、片方ずつでしか進んで行くにはキツく、なかなか大変だった。

 

 

下まで行くと、韓国人観光客らも来ており、賑わっていた。水しぶきを上げて弾けている滝は野生のもので、皆それに圧倒されては写真を撮ったり、思い思いに眺めては感嘆している。

 

 

チビ達も喜んで、滝や紅葉に興味を示し、ワイワイ近寄っていっている。周りの景色も水や紅葉に囲まれていて綺麗だ。残念なことにまた少し雨が降っていたが、景色の見事さに雨など気にならなかった。

 

 

 

何枚も滝をバックに記念の写真を撮って、また周りの景色を楽しむ。その後、曽木の滝を後にした私たちは、婚約者の運転で、温泉に向かった。

 

温泉は雨のためもあってか、まだ早い時間だったにも関わらず、家族湯には待ちの人たちが並んでいた。30分ほど待って、身体も芯から冷えた頃、やっと順番が回ってきた。

 

 

私たち4人は、久しぶりの入浴を温かい温泉で楽しみ、芯から冷えた身体を温めて、家族湯内のサウナやジャグジーなどに浸かり温まった。ここの温泉は、家族湯内にサウナとジャグジーが付いているところが良い。

 

しっかり温まって、今日一日の疲れを取った私たちは帰宅の途へと着いた。

 

今回の休みも私と婚約者、チビ達は立てた計画が上手くいき、楽しい休暇を満足に過ごせた一日だった。

 

 

 

 

 

実は、最近、仕事の方が忙しくなってきており、そちらの方で書いております。

アンドロイド、スマートフォンからアプリ、ひふみよタイムスをダウンロードして頂いて、飛べる感じのピーターパンで書いてます。宜しかったらご覧ください。

1234times.jp

 

 

武道という道

f:id:k-taniguchi-1234:20161126112217j:plain

日本には様々な武道が昔からある。空手道、柔道、合気道、剣道、弓道薙刀。パッと思い当たるだけでもこれくらいはあるだろうか。

 

 

私は、幼い頃、近所の友達に連れて行ってもらって、剣道を見学に行った。しかし、あまりの待ち時間も長さと待っている間に読んでいた、剣道漫画で全てが分かったような気がしてその場を後にした。

 

私が、中学生の頃に気になったのは柔道部、筋トレに興味を持っていたのをきっかけに柔道部の先輩方が筋トレをしているのをいいなあなどと見ていた。入りたかったが、その時は足が遠のいた。

 

次は、高校生の頃、電車で街に向かう途中にあるテコンドーの道場だった。高校の頃、空手をやっていたという友達と組み手や、半戦いの相手をしてもらっていた時に。他の友達なんかが、私は「足が上がるからテコンドーやればいいのに」と言われたのもきっかけの1つだった。

 

しかし、その時のテコンドーも喧嘩に使うのではないかとか、試験前に怪我されたら困るなどという母の心配の前に話はなくなった。

 

それから、また私は懲りずに、20歳前後の頃に合気道の道場にいた。合気道はまた柔道や、剣道とは違って面白く目に移り、ガタイがいい人がやっているとも限らず、面白かった今度こそは思い、親に頼んでみたが、またダメだった。

 

 

22、3歳の頃に私は、ちょうどちまたでK-1やプライドが流行ってる頃、私は総合格闘技の道場に、知り合いと通うことになった。知り合いはテコンドーをベースにしている人で格闘技歴もあった。

 

私といえば、言わばこの道場では初心者ストリートファイターのようなものだ。この道場には、学校で、サッカーや、ボクシング、柔道をやっている高校生が多かった。中には、アマチュア総合格闘技第3位の強者などもいたが、相手にはならない。

 

 

結局、準備運動を済ませた後、私は私の母校で柔道をやっている後輩と寝技のスパーリングを始めた。柔道をやっているだけあって、腰が強い、しかし柔道の投げの駆け引きにはちょっとした自信があった私は、あっという間に相手をねじ伏せた。

 

その後は、相手がタップするか時間が経過するまで抑え込むのがルールだが、抑え込むのを柔道家はそう簡単に許してくれない。結局、時間終わり間際、息が上がったところを袈裟固めで反対に押さえ込まれてしまった。

 

 

次は、また違う選手との座ったままのボクシングである。ほとんど、反射神経で避けるとか、タイミングを狙って打つとかという感じでではなく、兎にも角にも手数が多い方の勝ちである。これには、打つということに関してスタミナに自信のある私は、3分間一方的に打ち込み勝利した。

 

 

 

すると、それを見ていた、キックボクシングをやっている青年が来て、8オンスのグラブでスパーリングをやろうと言う、安請け合いの了承をして、武道館の畳の上でスパーリングが始まる、強い選手らしくジャブだけで攻めてきて、こちらの攻撃は当たらない。そんなこんなしてると、埒があかないと思った私は、ワン・ツー・スリー・フォーと踏み込んで、何回も連打を打ち始めた。

 

 

すると、急に距離感が掴めなくなった相手の顔にパンチがヒットする。相手はびっくりして下がったが、首を横に振り効いてないよとジェスチャーする。しかし、周りは、来たばかりの私がそこまでやるとは思ってなく、「おおーっ」と歓声を上げている。

 

スパーリングの結果は聞かずとも知れた、私の大敗だったが、足跡は残せた。

 

それから、私は格闘技と離れていたのだが、長崎や、鹿児島で外国人と触れ合うことがあり、私が日本の文化で伝えることがあるとしたら、何を伝えれるだろうと思った時にここ鹿児島で空手を始めたのだ。

 

 

私は、その空手道場で4年間鍛錬をしたのだが、強くなることだけではなく、礼儀作法や先輩との付き合い方、身の正しい置き方、精神鍛錬を空手から学んだように思う。

 

若い頃は大会で3度優勝したことのある師匠がいつか言っていた。空手は一生の内に一度か二度、使うかもしくは使わない方がいいものである。どうしても、使わざるを得ない時のために、技を磨き、鍛錬をし、精神を鍛えるものだと。

 

 

 

私は、空手を通して、手を出さないで解決することの大事さ、しかし、世の中には空手を使って武で守らなければならないことも確かにあるということも勉強した。

 

武道という道、奥が深いと思う。

 

 

 

 

 

最後になりましたが、しばらくの間、はてブロの投稿の方が休みがちになります。

というのは、ひふみよベース紫原という会社、私の通勤している会社ですが、

そこで、作っているWebニュース ひふみよタイムスにて投稿作業をするため

そちらに重きを置きます。

 

ちなみに、ひふみよタイムスは、スマートフォン、アンドロイドのアプリで

ダウンロードできます。私のひふみよタイムスでのブロガー名は

飛べる感じのピーターパンです。

 

ひふみよタイムスの飛べる感じのピーターパンもこれからもよろしくお願いします。

広告を非表示にする