向こう水博士

向こう水博士は、世の中のあらゆるテーマに対し率直に素直で真摯な意見を考える、いわば人生を好転させる福の神のような存在です。宜しくお願いします。

髪の毛の長さが何センチからなら、パーマはかけられるのか

f:id:k-taniguchi-1234:20161117102914j:plain

私の坊主頭から約2センチほど髪が伸び、私にはどうしてもどうしてもしたくてしたくて堪らないことがあった。それは、パーマをかけること。そう、この2センチちょっとの髪にパーマをかけたいのだ。

 

なぜかというと、横は短く刈りんで後ろは刈り上げでいい感じになってるのだが、上の髪だけが中途半端に前に伸びておもしろくない。私は、この髪を上に向けて立たせて、ソフトリーゼント風にさせたいと思っていたのだ。

 

 

 

それで、婚約者にいい理容室を聞いた私は、アイパーをかけてもらうべく電話をしてみたのだが、できるにはできるが今はお客様が立て込んでいてちょっと難しいということで、その場は諦めた。

 

暫くの間は、毎日の業務や育児などでそのことも頭から離れていたのだが、ある日外出した日に婚約者と2人、パン屋さんでパンを選んでいた時にそのことは再燃した。

 

婚約者に「今の髪の長さでパーマをかけたら、どうなるかなあ」と尋ねると、「パンチパーマみたいになるんじゃない」と婚約者。尋ねてみるだけ訪ねてみようと、この前の理容室に電話をかけてみると、今の長さでアイロンパーマをかけると、パンチパーマか長くても「浜の大魔神」みたいになりますよ。と忠告された。

 

 

それでは、困ると、諦めてその日は休日を楽しんだのだが、なかなか私のパーマ熱は収まりきらない。

 

また、違う日に1人でモールに行き、ウロウロと時間を潰そうかとしている時に美容室の前を通りかけ、ふと美容室ではどうだろうとショップの店員さんに相談をしてみる。

 

 

すると、普通のカールを巻くと今の髪に長さは2センチくらいしかないので、パンチパーマみたいになってしまいますが、ピンでかけるピンパーマならできるかと思います。と言うではないか。雑誌のソフトリーゼントも見せてくれた。

 

これだ!これをしてもらおう。値段は理容室の約2倍はかかるが、髪の毛には変えられないと思い。早速、30分後に無理言って予約を入れてもらう。

 

 

パーマなので時間がかかりそうだ、と思った私は入念に御手洗を済ませ美容室に向かう。初めは、髪を綺麗に流してもらいカット、以前は当たり前のように通っていた美容室だが、もろもろにかかる経費のため、最近では、お手軽に済ませられる千円カットで済ませていた。

 

久々の美容室である。なぜか緊張してきた…さっきトイレには行ったばかりなのに、トイレに行きたくなってくる。我慢してもしょうがないので、トイレに行かせてもらう。店員さんに「申し訳ないです。」と言ってトイレに行く。

 

出ると、カットをしてくれる店員さんは待っていてくれるわけだが、それがまた申し訳ない。

 

 

気を取り直して、カットは芸術のようにサッサッサッと終わり、パーマの用意が始まる。巻き始めると長くかかるのかなあなどと考えていると、髪の毛が短くかけにくいのであろう、巻くのに少し手間取っている。それを見て、また緊張する。

 

なぜこんなに緊張するのかは分からないが、待ちに待ったので期待が高いのだろう。またもや、尿意を催しトイレを拝借する。さすがに、周りの店員さんもどうしたのだろうという顔をしている。

 

 

とりあえず、私のお腹も無事収まった頃にパーマも無事かかった。ピンパーマは三回位のパーマ液をかけ、そのまま放置する。約1時間40分の行程だ。

 

かけ終わったパーマを見て、私は大満足だった。仕上げに洗って頂いて、髪をセットしてもらう。立派なソフトリーゼントが出来上がった。

 

 

私は、美容室の技術に関心しながら、度々に渡る私のトイレにも嫌な顔もせず付き合って頂いたスタッフさんに感謝して、ニコニコ笑顔で美容室を後にした。

 

このソフトリーゼントのパーマ受けも良く、ピンパーマなので妙にチリチリもしてなく、外国人の無造作な髪の毛みたいでかなり良い。

 

 

皆さんもパーマをかけたいと思った時は、一度、美容室の店員さんや理容室の店員さんに尋ねて見て下さい。私のように髪の毛2センチでもかけられるくらい、今のパーマは進歩してますから、きっとあなたにあった施術があるはずです。

 

 

以上、髪の毛の長さは何センチから、パーマはかけられるのかでした。

 

私が育った島、五島列島を去る時、島の友達は…

f:id:k-taniguchi-1234:20161105112138j:plain

私は、中3の夏休み小学校2年生時から私を育んでくれた五島列島を親の転勤で去らなければならなくなった。学校の担任の先生は、私の送別会も兼ねて夏休みの間にキャンプをクラスの皆んなですることを企画してくれた。

 

皆が、朝から集まり。私が中1の時より好きなあの娘も来ていた。軽くジョーダンを彼女にかけながらフザけて集合場所まで行く。

 

午前中は、レクリエーションや何やらをして過ごし、昼ごはんは親たちからの差し入れが届いた。

 

昼からは、キャンプ場の隣にある、蛤浜での海水泳主の自由行動だ。私は、結局、小2から中3まで五島列島に住んでいて、まともに泳ぐことができなかった。というのも、小3の夏休み、母と来ていたここ蛤浜で沖にいたフェリーの進む高波にさらわれて溺れたのをきっかけに水が怖くなったのである。

 

 

それでも、海に入るのは好きなので、足のつく範囲で海を楽しみ日中を過ごした。

 

 

 

夜になり、皆で取り掛かったカレーを食べ終えると、キャンプファイアーを囲んでの余興などがあり、そして、夏の夜の一大イベント肝試し大会となった。

 

ただ、これには条件があり、中学生なので夏の終わりに好きな人がいれば指名してその娘と行けるというものであった。

 

先生が、「誰か指名はいるか」と言う。しかし、皆んな恥ずかしがって誰1人手も上げない。私は最後だから、中1の時から好きなあの娘を指名しようかと本気で考えた。考えて、考えて、考えている内に、「いないのか、締め切るぞ」と終了してしまった。

 

 

お決まりのように、山にの登る前にたっぷり山や海、このキャンプ場にまつわる怖い話を聞かされて、怯えさせられた私たちはくじ引きでペアーが決められ、肝試しに行くことになった。

 

私の相手は、親同士が仲良く行き来のある女の娘とになった。皆んな、それぞれのペアーで山への階段を登っていく。私も順番になり懐中電灯を持ち、ペアーの彼女と行く。途中、暗く、彼女が暗くて怖いというので、懐中電灯を彼女に渡し登る。

 

頂上付近になると、ギャーとかワーとかいう叫び声が聞こえ目をやると、先に隠れていた先生たちが登ってくる生徒たちを脅かしていた。それを見ていた私たちペアーは、脅かす方よりドキドキしながら近づいていき、先生の側に来たところで逆に脅かしてみた。「おおっ、気づいてたのか、びっくりしたな」と先生たちは言い。私たちの肝試しは終わった。

 

その後も、皆んなで夜更かしして、あれやらこれやらで盛り上がり、深夜に就寝した。

 

翌日は、私の引っ越しの日である。その時間のだいぶ前には、昨日キャンプに来ていたクラスの生徒たちは元より、小学校からの友達、部活から急いで自転車で駆けつけてくれた友達、約80人ほどが集まってくれ親の運転する車で去って行く私に「また来いよ」「じゃあなー」「頑張れよー」などといろいろな声を大声で掛けてくれた。

 

私は、親友ママさんの途中まで運転する車から、降り皆んなに向かって一礼し、大きな声で「ありがとうございましたー。お世話になりましたー」と言って挨拶をした。すると皆んな「おおー」と言って答えてくれ、いつまでも大声で見送ってくれる友達が見えなくなるまで私は手を振り続け大好きな友人たちとの別れを惜しんだ。

 

夏の暑い日のことだった。

今、この秋を肌で感じ、秋を感じる思いとは

f:id:k-taniguchi-1234:20161117105242j:plain

今年は、つい先日まで暑く汗ばむ気候が続いていたかと思いきや、急に朝が冷え、昼はまだ暖かいが少しカラッとした気候に変わってきた。

 

秋の紅葉はまだかまだか、と待ち望んでいたら、つい最近公園に散歩がてら訪れたところ、葉が綺麗に紅葉していて、それは見事なものだった。

 

 

 

今では、朝から昼までも少し肌寒いが、まだ、暖房やコタツに入るまではない。しかし、夜が寒く寝冷えしてしまいそうになったりと、難しいこの秋である。

 

 

今回の秋、変わりやすい天気というのもあって、体調を崩す人が多いらしい。私の周りでも、結構いるみたいだし、知り合いや婚約者の周りにも多いらしいのである。

 

私は、この秋に楽しみにしている事がある。というのは、ここから二時間くらいかけて行ったところにある。垂水の千本イチョウというスポットだ。

 

例年、この時期になると紅葉したイチョウが見事な色に染まり、土の上をイチョウの絨毯で敷き詰めて幻想的な世界観を見せてくれる。

 

 

去年は、不作だったらしく、せっかく二時間かけて訪れたにもかかわらず、イチョウはまだ色付いておらず、イチョウの絨毯もまばらだった。

 

 

今年は、どのような秋模様を見せてくれるのであろうか、あと数日が楽しみである。

 

秋の紅葉、ひとつの楽しみだ。この秋も紅葉を見て帰りに美味しいサンマでも買ってウチでビールと共に食したいものである。

 

さてさて、この良い季節、秋をどう堪能しようか。

ここ鹿児島に来てはや13年、振り返って感じる鹿児島

f:id:k-taniguchi-1234:20161110094448j:plain

鹿児島に来て、はや13年が過ぎようとしている。鹿児島は父、母の生まれ育った土地だ。私は、神奈川県に生まれ、長崎に育ったのだが私が25歳の時、働いていた介護職が、まだパートだったのと、父の身体のこともあり、一緒に鹿児島に越してきた。

 

始めの頃、私には鹿児島に誰も知り合いがいなく、寂しい思いをしたが、なんとかふっ切り、前の仕事などで稼いでいたお金で鹿児島を知るために街に繰り出したりした。

 

長崎に比べると鹿児島は天文館と言われる街が大きく、道を歩いている女の子たちもオシャレで綺麗に感じた。

 

 

 

私は、鹿児島で有名なラーメン屋さんでのバイトの仕事を見つけ、引っ越してきて程なく縁があった、化粧品店の店長の彼女ができたりしてすぐに馴染み始めてきた。

 

しばらくして、体調を崩した私はこれから何度も入退院を繰り返したりするのだが、その度にこの鹿児島という大地に抱かれて元気になって、幾度となく蘇った。

 

ある時は、市内であったり、ある時は鹿屋の地であったり、志布志という土地であったり、私は、色々な鹿児島を見てきた。

 

 

 

それを、経て思うこと、鹿児島の人は熱い。人情味に溢れている。そして、いい意味で田舎者である。いい意味で田舎者と言うのは弊害かもしれないが、皆んな暖かいし、人を大切にし、大地と共に生きているという意味だ。

 

鹿児島市内にいても近所のおじさん達は、今や家族連れとなった私たちのことを気にしてくれ、取れた農作物のおすそ分けををしてくれたり、田舎で暮らしていた時は、田舎で助け合いで先輩友達が親のように可愛がってくれたりと人間がいいのだ。

 

長崎から来た時は、一見取っつきにくく、威張った感じのする鹿児島男児に嫌な気もしていたが、今はその不器用さに愛着すら湧く。女性は男性を上手く立てて、外に送り出してくれる鹿児島おごじょに関心すらする。

 

 

そして、鹿児島といえば桜島を始めとする大自然だ。私はオーストラリアに海外研修に行った経験があるのだが、鹿児島を海外に例えるならそれだろう。

 

鹿児島市内、桜島、霧島、指宿、坂本、奄美、与論、様々な観光スポットがあり、鹿児島観光をするだけでも楽しめる。

 

 

私もここ最近、近場の姶良や加治木に始まり、様々なところに観光しているが、道中や

行った先が自然と一体化していて楽しめるのがいいところである。

 

この地、鹿児島に来て特産の焼酎を楽しみ始めたのも言うまでもない。

 

ここ鹿児島に来てはや13年、仕事が休みの日などには鹿児島の色々な土地を旅して回るのが今の私の楽しみである。もっともっと鹿児島を旅して回り、鹿児島をもっとよく知りたい。

 

今や鹿児島の虜である。

 

 

鹿児島は指宿方面への1人旅日記

f:id:k-taniguchi-1234:20161115102146j:plain

私は、この日、婚約者から休暇を取ってどこかドライブに行くことを勧められた。というのも、連日に渡る仕事や保育園などの連絡網、育児などで消耗しきっていた私を見てからのことである。

 

 

その日、私は、前の日に聞いていた無人島に渡るという計画もしていたのだが、なにせ疲れのためか起きるのが遅かった。そこで、なるべく片道1時間、2時間で行けるとこを教えてもらおうと、仕事中の彼女にLineしていい場所を聞いてみた。

 

彼女は何件かいい場所を提示して教えてくれたが、その中で私は指宿を選び指宿の中でもいい場所のURLを送ってもらった。

 

 

 

私が行こうと決めた場所はフラワーパーク鹿児島だ。指宿は何度か行ったことがある場所だが、なかなか地図が頭に浮かばない。

 

とりあえず、ナビに指宿までの地図をいれスタートする海岸線を見て指宿までの道をスタートさせ暫して、道は真っ直ぐなのにナビは右方向を指さす、ナビ通り進んでいくと、道は右車線の道に出てしまった。

 

そんな時に限って、前からはパトカー。私が少し怪しい動きをしていると感じたのだろうか。ゆっくりこっちを窺っている。私は、ナビが誘導したんだとナビをみて主張。その後、左車線にUターンして戻った私の前には、パトカーの先導が待っていた。

 

法定速度で走るパトカーについて、コンビニで一旦離れようとすると、パトカーもコンビニへ…。ま、まあこんなこともあるさね。と気をとり直して、そこで、彼女が作ってくれたお弁当で早弁をする。

 

 

 

お腹が膨れて心が豊かになった私は、それからの道をスムーズに走り真っ直ぐな道をただひたすら走り開聞岳を見ながら走る。途中、「開聞岳を日本で一番綺麗に見れる館」なるものを発見して、行き過ぎたのでUターンして寄ってみる。

 

上まで登ってみると、工場の側から開聞岳が大きく見えるこれは絶景である。写メを二、三枚撮って浸っていると、工場のトラックのオジちゃんの目線が痛かったので早々に降りていく。それから、少し走ると長崎鼻の看板が見えてきた。「もう近いぞ」思い期待も深まる。

 

フラーワーパークと長崎鼻が近いならどちらにも行ってやろうなどと思いながら、田舎道を飛ばしていると、日本最南端の駅、西大山駅が近くにあることに看板で気づいた。

これもでてくる前に、彼女の話の中で出てきていたものだ。

 

「よし!行ってやる」またもやUターンして西大山駅までの道を行く、程なく西大山駅は出てきた。行くと韓国からの観光客が数名来ているようだ。まだ、混まない内にと、日本最南端の駅の看板と一緒に自撮りする。

 

 

そして、景色を仰いで戻ろうかとすると、1人の一眼レフを持った韓国人の若い女性がこっちを見ている。「ん?気のせいか」どこかで見たことある感じがするな…その後もその韓国人女性も私のことをを明らかににずっと目を逸らさずに見ている。「知り合い?」いや、そんなはずはない。韓国人女性に知り合いはいないはずだが。

 

気にはなったが、英語はともかく韓国語は難しいいかなと判断した私は、その場を離れたが、少しの英語なら通じたのかなと後悔した。

 

 

 

その後、日本最南端の駅、西大山駅を離れた私は、目的地のフラワーパークかごしまに到着した。入ってみたが、まだ植え付けや、手入れの時期であまり見るものがなくブラーと一周して早々と出てきてしまった。

 

そこで、終わってしまっては面白くないと、今度は先ほどから看板を何度も見かけて気になっていた長崎鼻に行くことにした。そこから、10分もかからずに長崎鼻には着き、着いてみるときたことがある場所だということに気づいた。

 

しかし、たまにはいつもと違う場所に行ってみようかということにして、いつもは下に向かうところを、今回は上へと歩いて行った。

 

 

上に歩いて行くと露店に赤霧島や魔王といった珍しい焼酎が置いてあり、お土産に欲しかったが、とても手が出る値段ではなかった。

 

その露店を見物しながら通り過ぎ、行くと竜宮神社というものが出てきて、お参りをして帰った。途中、開聞岳をまた自撮りして、灯台までの道もあったが、灯台までの道は帰りのスタミナ温存に残した。

 

無事、帰り着き仕事を終えた彼女に指宿の楽しかった土産話をすると、指宿で育った彼女は嬉しそうに微笑みながら、いつまでも私の話に耳を傾けてくれていた。

チビ達と過ごす休日、半日イベント旅行、In 川辺

f:id:k-taniguchi-1234:20161115100742j:plain

私は、久々の休みの日曜にも関わらず、朝の7時に母親の電話で起こされ不機嫌だった。それを見ていたパートナーは、その後、また私が朝寝するのを黙って見ててくれ、その間にコタツや布団の出し入れ、いらない服の整理などをしてくれた。

 

 

 

 

 

昼も11時近くに起きてきた私に、何も言わずコーヒーを入れてくれたパートナーに今日をどうしようかと相談してみた。昼ごはんを食べた後にお出かけしようかということに決まり、部屋を簡単に後片付けして、ご飯を食べ、彼女の車スウィフトを私が運転して鹿児島の川辺は岩屋公園へと向かった。

 

 

 

 

私は、普通に運転していたつもりだったが、いつの間にか目的地へは間違った道を通っていたらしいが、パーナーが携帯を取り出してササッと道を修正してくれた。

  

 

そこからは山道を飛ばし、川辺までは絶好のドライブコースである。前からの対向車のバイクもバイクを傾けブイーと軽快に飛ばしていく。トイレ休憩に停まったエリアにハーレーが停まっていた。「格好いいね!」などと話して、私はトイレへ、彼女と娘は散歩へ、息子は車の中で寝たまんまだ。

 

 

 

 

トイレから出て見渡すと彼女が遠くでゆっくり歩いている。娘は知らないおじさんの近くにいるではないか!

 

 

何か知らないおじさんに娘が話しかけているのが見える、パートナーは一歩下がった感じだ。しばらく様子を見ていると。そのおじさんと3人でこっちに来るでないか。チビ達の保育園が一緒の気まぐれな挨拶をする保護者ではないか、、、。こっちあちらもプライベートである。なかなか話しにくいが一通りの大人トークをして別れる。

 

 

ビックリした。まさか、こんなところで保育園の保護者に会うとは、しかもさっきのハーレーはそのおじさんのものであったらしい。子供を今日は預けてのツーリングみたいで、こちらは皆んなでいたのでいづらかったのか恥ずかしかったのか、顔を真っ赤にしていた。

 

 

 

 

そこから、川辺の岩屋公園までは、新しくバイパスが開通していて、かなり快適な道のりになっていた。しかし、岩屋公園に着くと、今日はイベントがあるらしく、たくさんの車が道端に停まっている。

 

 

「どうしようか?今日は諦める」などと相談し、今回は諦めることにしたのだが、岩屋公園の側まで行くと駐車場がまだ少し開いている。「行ってみる?」「行こうか」と話しがついて、空いているスペースに車を停めて、公園までチビ達の手をつないで登る。

 

 

 

 

 

皆んな昼食べたラーメンの為か、さてまた気候のためなのか、喉がカラカラに渇いており、皆んなで自動販売機に並ぶ。水分を取って生き返った私たちは、先に進んでいく。

 

 

 

岩屋公園内には、右手の方には警察官がいて、白バイやパトカーを解放していた。早速、パトカー、警察好きの長男は、近づいて「乗りたい」と言う。府警さんが近づいてきて「乗っていいよ、警察官の制服も着る?」と聞いてきてくれた。

 

 

しかし、長男。何を思ったか制服を着る際に「捕まるから嫌だ!!」などと言う。「な!何を言う。悪いことをしているみたいではないか」と心の中で思いながら何とか宥め。長男を前に乗せて抱っこで白バイに乗っけてもらう。次は上の長女と乗る。二人とも満面の笑顔だ。

 

 

 

そして、パトカーにも乗ると言われた娘と息子は喜んで、パトカーの後ろの席に乗ろうとする。それは、いつも車の後ろの席に座っているからして、そこに座ろうとするのは仕方がないと言えば仕方ないのだが、思わず府警さん「出来たら、パトカーは前に乗ろうか〜」と笑いながらフォローしてくれた。

 

優しい警察官に誘導されながら楽しい経験をさせていただく、いつも市民のために安全に守ってくれてありがとうございます。

 

 

 

その後、警察犬を見ていたのだが、これはさすがに怖っかったらしい。そして、いつもならおやつの時間、いつものお腹減ったが始まったので、今日は大人しくワガママを聞いて欲しいものを買ってあげる。それらをほうばり終わって、そろそろ帰ろうかという時に長男がトイレと言う。

 

 

 

トイレに行った先で長男に馬がいるよと指差して教えた。ポニーに子供が乗っているのだ。長男も乗りたいという。それならと、いい経験になるし取り敢えずトイレを済ませ、携帯で彼女を呼び寄せる。

  

ポニーのところに行き、最初に乗りたいと言っていた長男は、近くで見たポニーに驚いている、物怖じしない長女から乗ることになった。終始ニコニコ笑顔の長女、相当嬉しかったみたいで、ピースサインも笑顔もキマっている。

 

 

 

次は、長男の番である。しかし、長男は顔を引きつらせ後ずさりしていく、「おーい、どこに行く、怖くないよ、噛まないよ」と言っても逃げる。顔がこわばっている。あまりの情けなさに「ビビりがっ」と言ってしまったほどだ。

 

 

 

 

周りにいた係りのオジちゃんが、「そしたらお姉ちゃんと乗ろうか」と上手くあやしてくれ半ば強引にポニーに乗せた。係りの人たちは「写真いいですか?」と言ってくれていたが、写真は後でいいから長男の気が変わらない内に、ポニーを出してもらった。

 

 

 

長女は二回目なのでニコニコ笑顔で楽しんでいるが、長男は、ポニーからの高さなのか緊張が顔に出ている。「こっち見てー」とカメラを向けると、カメラには笑顔で反応する2人。なかなかいい写真といい体験をさせられて親としては満足である。

 

 

そして、岩屋公園の探索は終わり、今日の半日イベント旅行は終わった。家から30分の距離になったこの公園なかなか楽しめる。今度は、桜の咲く頃に来ようか。次回も楽しみにして来ようと思った。

 

 

 

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TISTG+EAZZ1U+50+2I0YDT" target="_blank" rel="nofollow">
<img border="0" width="468" height="60" alt="" src="https://www27.a8.net/svt/bgt?aid=170518372865&wid=001&eno=01&mid=s00000000018015121000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www11.a8.net/0.gif?a8mat=2TISTG+EAZZ1U+50+2I0YDT" alt="">

 

 

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TISTH+K8RCI+22K6+AF50K1" target="_blank" rel="nofollow">
<img border="0" width="300" height="250" alt="" src="https://www22.a8.net/svt/bgt?aid=170518373034&wid=001&eno=01&mid=s00000009663063009000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www18.a8.net/0.gif?a8mat=2TISTH+K8RCI+22K6+AF50K1" alt="">

 

 

可愛い子供リュックはこちら♪

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TISTH+A4E2A+3MSC+HVNAR

 

 

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TISTH+NTCZ6+3SOU+5YJRM" target="_blank" rel="nofollow">姓名判断タダシクナヅケテ</a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www14.a8.net/0.gif?a8mat=2TISTH+NTCZ6+3SOU+5YJRM" alt="">

最近の身体事情

f:id:k-taniguchi-1234:20161011112853j:plain

私の体重は、30代の前半はかなり良い数値だったのだが、30代の後半になってきてからというもの、私の体型と共に一気に崩れ始めた。一つは、仕事でそこまで動かなくなったからと、お酒を習慣的に飲み、美味しいおつまみを食べ始めたことである。

 

 

この二つは、私にはなかなか大きかった、おつまみをやめて飲むだけで何キロかは体重は減ったが、やはり体重は口から入れたものであるのは間違いない。そして、ストレッチや筋トレ、とにかく動く事を心がけた。私の筋肉量は今、58パーセントある。人と比べた事がないので良くわからないが、多分少し多い方かと思っている。

 

ということはである。基礎代謝がいいということになるので、食べる量さえ気を配れば、普通に減っていくという計算になる。

 

 

筋トレは、元より好きなのでいつも通り毎日行っている。間食もやめた。あとは、食べる量である。朝は、食べたり食べなかったり、昼は、お味噌汁をポットに入れってもらったものと、おにぎり二つ、夜は炭水化物抜きご飯を続けている。

 

 

しかし、ダイエットをするとやはり体力は落ちるもの、近頃、私は風邪を引いてしまった。しかも、一週間近く寝込むという最悪のものだった。精神的にも落ちるし、体力もかなり落ちたような気もした。

 

 

 

体調を確かめるに、治った頃に近場の店をウロウロしてみた。寝込んでいた反動で衝動買いもしてしまった。しかし、人間そうやわには出来ていないみたいである。動き回る体力はあるし、でていなかった分、トータル的に衝動買いもなんとかなる金額でもあった、それに外に際にデニムを履こうと久々に一年間履けなかったデニムを試してみると、履けたのだ。風も捨てたものではない。

 

 

そうこうしながら、私は、体調との兼ね合いを見ながら、身体のバランスを見て年齢に相応しい体力作りを続けている。素敵な身体になるように。

広告を非表示にする