読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向こう水博士

向こう水博士は、世の中のあらゆるテーマに対し率直に素直で真摯な意見を考える、いわば人生を好転させる福の神のような存在です。宜しくお願いします。

子育てパパ 奮闘記。長女と長男が続け始めたこと、、、

ウチには、6歳で今年、小学校一年生になった。泣き虫な長女と、今度、保育園の年長に上がったワンパクな長男がいる。かなりな怪獣っぷりだ。しかも、ウチは父子家庭ときている。 一世紀近くも子供たちを見守り続ける石岡小学校のすべり台① pic.twitter.com/…

子育てパパにトータルアドバイス検証してみた第一日目 後半

自宅に長女と長男を連れ帰った私は、長男とジャレてこしょぐり回したり、綺麗に坊主に刈り上げた頭をからかったりして、時間を過ごした後、そのままいつものお風呂の支度を任せ。 今度は、長女の小学校の身支度を一緒に済ませた。 長女の準備は、毎日配られ…

トータルアドバイスを娘に少しずつ検証してみて第一日目

朝、小学一年生の娘と、年長さんの長男が起きだす前に起床し、コーヒーを作り、いつも通りのやめられない悪しき習慣のタバコを立て続けに2本チェーンスモークした後、一息ついてチビ達を起こし始める。 今日は、起こそうとして声をかけたと同時に目覚ましの…

今日、作り上げたてパパ家庭のトータル セルフ アドバイス

朝は、チビ達より先に起きて、朝ごはんの用意をし玄関先、階段を降りた辺りまでは見送る。 風呂にはたまに一緒に入り、あちこち洗ってあげる。 保育園の長男より小学校一年生の長女に今は、愛情を注ぐ。 歯磨きの仕上げ磨きは、どんなに自分のしたいことがあ…

秋の暖かい日、都市農業センターコスモス畑のコスモスに埋もれるチビ達

この日は、秋晴れに恵まれた日で、我々、婚約者とチビ達は鹿児島市都市農業センターにコスモスを見に訪れた。私も都市農業センターは初めてだったが、コスモスを見に行くと聞いて、少しコスモスかと舐めていた。 しかし、コスモス畑までドライブして行ってい…

伊佐市、曽木の滝、紅葉祭り中止をチビ達と訪れて

今日の日曜日、私たちチビ達と婚約者は晴れていれば、伊佐市にある曽木の滝にいく予定だった。しかし、天候はあいにくの雨。インターネットの予告によると、祭りイベントは中止になるということだった。 取り合えず、この日は曽木の滝を見学に行って、帰りに…

武道という道

日本には様々な武道が昔からある。空手道、柔道、合気道、剣道、弓道、薙刀。パッと思い当たるだけでもこれくらいはあるだろうか。 私は、幼い頃、近所の友達に連れて行ってもらって、剣道を見学に行った。しかし、あまりの待ち時間も長さと待っている間に読…

帰ってきた、時計。そして、場を繋いでくれた父の形見の時計

私がいつもはめているお気に入りの腕時計は、私が鹿児島にやってきてしばらくした頃にバイトで一生懸命働いたお金で、今のマルヤガーデン以前にあった三越で購入したものだ。 当時では珍しいソーラーパネル、電波時計のG-SHOCKだった。私はそれを気に入り、…

卵が先?鶏が先?養鶏場でのイタチごっこの実態とは…

私が経験した面白い職種の中に養鶏場というものがあった。養鶏場の朝は、鶏様への餌やりから始まる。まずは、養鶏場の主へのご奉仕作業だ。そして、産んでくださった卵の収穫、引き続き小屋内の清掃になる。 よって、私たちの格好は、つなぎの作業服に長靴と…

たまの休日、休日じゃない休日、長女の小学校健康診断に捧げた日

今日は金曜日、本当なら休日出勤した後なので今日は休みのところである。婚約者と楽しく行きいところに行き、朝寝してもバチは当たらないのに、今日は引越しの書類を2つの役所に提出と小学校の健康診断が重なっている。 朝から、気が落ち着かない、私の引越…

冬の装い、ジャケット、マフラー、靴下、あなたはどこに重点をおいてオシャレする

冬の装いを示す代表的なものと言えば、ジャケット、マフラー、靴下である。 男女にどこに一番重点を置いてオシャレをするか聞いてみました。すると、男性はジャケット、一般的にお気に入りのジャケットがあってそれを着回すそうでした。女性はマフラー、マフ…

IT、クリエイティブという仕事に就いて

父は、私が学生時代に今までとは畑違いの、ITの仕事をするようになった。何気なく見ていた仕事だが、今、38歳、この年になって、ほぼ初心者と言える私がIT、クリエイティブの仕事をするようになった。 父の影響で、父が得意だったパソコンを今は私が今は亡…

離れて暮らす長女から劇への招待状

先日、夜の8時半頃、私的理由があって施設に預けている一番上の娘から電話がかかってきた。内容はというと、2日後の土曜日に学校で学習発表会があるから来て欲しいという内容だった。 私は、娘のおぼつかない説明だけでは、内容が掴めなかったので、引率し…

婚約者の誕生日、婚約者の子供達の就職試験、看護実習生の奨学金テストの行方、入試勉強、そして、チビたちの成長過程

近頃の私たちの生活は、毎日の仕事や家事、保育園の行事や育児に加えて住居の引っ越し先探しや、婚約者の子供達のことで話題がたくさんであった。 保育園の行事としては、下の長男の担任の先生が、今回めでたく結婚されるとのことで 保護者たちが立ち上がり…

待ち遠しかったボジョレー解禁に寄せて

ここ数年、毎年に渡って私は婚約者とボジョレーヌーボーの解禁に当たって、ボジョレーを味あわせてもらっている。 私の婚約者は無二のワイン好きで、アルコールというとワインを持ち出す。これまでにもチリ産、オーストラリア産、スペイン産、色々な国のワイ…

コエンザイムQ10。その効き目、効果を検証してみよう。

先日より私は、チビ達の七・五・三の写真に一緒に格好良く写るのを目的に、一時頑張ってダイエットをして2ヶ月で、約4キロくらいのダイエットに成功していたのだ。 その時のダイエットは主に軽い筋トレを続けるのと食事を軽めにと間食をしないというもので…

秋の一人旅、さつま町 観音滝公園への道のりと道中の迷い

今朝、私は起きて、すぐ身体が重く、仕事にはこれはとてもじゃなくキツイな思い、会社に電話を入れた。すると、電話に上司が出たので、「今日は体調があまり良くないので、気分転換に外に出ます。」と伝え、いつもの休み件、取材旅行に出た。 今日は、この前…

私の唯一不動の趣味、音楽というものを考察してみて

音楽に際して、音楽はもはや私たちの生活の身近にある存在だ。テレビをつけても、ショップや店の中に入っても、音楽はかかっている。 皆それぞれ好みの音楽というものがあるであろう。洋楽、邦楽、ロックにポップス、ヒップホップとジャンルは様々である。 …

髪の毛の長さが何センチからなら、パーマはかけられるのか

私の坊主頭から約2センチほど髪が伸び、私にはどうしてもどうしてもしたくてしたくて堪らないことがあった。それは、パーマをかけること。そう、この2センチちょっとの髪にパーマをかけたいのだ。 なぜかというと、横は短く刈りんで後ろは刈り上げでいい感…

私が育った島、五島列島を去る時、島の友達は…

私は、中3の夏休み小学校2年生時から私を育んでくれた五島列島を親の転勤で去らなければならなくなった。学校の担任の先生は、私の送別会も兼ねて夏休みの間にキャンプをクラスの皆んなですることを企画してくれた。 皆が、朝から集まり。私が中1の時より…

今、この秋を肌で感じ、秋を感じる思いとは

今年は、つい先日まで暑く汗ばむ気候が続いていたかと思いきや、急に朝が冷え、昼はまだ暖かいが少しカラッとした気候に変わってきた。 秋の紅葉はまだかまだか、と待ち望んでいたら、つい最近公園に散歩がてら訪れたところ、葉が綺麗に紅葉していて、それは…

ここ鹿児島に来てはや13年、振り返って感じる鹿児島

鹿児島に来て、はや13年が過ぎようとしている。鹿児島は父、母の生まれ育った土地だ。私は、神奈川県に生まれ、長崎に育ったのだが私が25歳の時、働いていた介護職が、まだパートだったのと、父の身体のこともあり、一緒に鹿児島に越してきた。 始めの頃…

鹿児島は指宿方面への1人旅日記

私は、この日、婚約者から休暇を取ってどこかドライブに行くことを勧められた。というのも、連日に渡る仕事や保育園などの連絡網、育児などで消耗しきっていた私を見てからのことである。 その日、私は、前の日に聞いていた無人島に渡るという計画もしていた…

チビ達と過ごす休日、半日イベント旅行、In 川辺

私は、久々の休みの日曜にも関わらず、朝の7時に母親の電話で起こされ不機嫌だった。それを見ていたパートナーは、その後、また私が朝寝するのを黙って見ててくれ、その間にコタツや布団の出し入れ、いらない服の整理などをしてくれた。 2週間ぶりの休日。…

最近の身体事情

私の体重は、30代の前半はかなり良い数値だったのだが、30代の後半になってきてからというもの、私の体型と共に一気に崩れ始めた。一つは、仕事でそこまで動かなくなったからと、お酒を習慣的に飲み、美味しいおつまみを食べ始めたことである。 この二つ…

険しい植木職人への道のり

ハローワークのジョブトレーニングで植木職人というものがあった。私はその頃、所属していた園芸の職場から「もし興味があるなら行ってみるか?」という話を受けて。 梅雨の頃から夏の一番暑い時期の、植木職人を体験することにした。 植木職人の仕事をする…

介護士の素性、病院内ワークの実態…

私は、二度に渡り介護の仕事を2つの病院で経験したことがある。1つ目は、長崎でも随一の、そこの院長が医療・福祉会に意見を出すと通らないことはないという、大きな病院だった。 そこに私が勤め始めたのは、まだ私が本当に若い時20代前半かという時であ…

介護士の素性、病院内ワークの実態…パート2

私が、初めての介護業務を行ってから約3、4年が過ぎ、また、喫茶店でのバイトに戻っていた私は、そろそろ将来のことも考えないといけないということで、親しい友達や知り合いに何の仕事が私には合うのかを相談してみた。「介護の仕事をしていた時が一番キ…

田舎での温かい先輩たちとの農業を経験して

私が子供を育てる環境を整えるために一度田舎に引っ越したころの話、私はその会社のパソコン分野に属していたのだが、1年くらい経った頃、「農業の仕事の方に移りませんか?そちらの方が合いそうですよ」と説得され。それならと、農業を始めた。 ヨーロッパ…

チビ達への想い

今、5歳と4歳になる長女と長男。私にとって本当の宝物のような存在である。彼らを目に入れても痛くないはずだった存在のジィちゃんは、去年、他界した... その後も、一生懸命周りの大人達と共に一緒に愛を持って育ててきた。しかし、彼らは、まだ自由奔放…

駅ビルの高級服屋のアパレルの仕事をしてみて感じた過去 パート3

研修最後の3日目は新人3人とも出勤でその後、長崎に帰るという日程だった。私たちは先輩につかれながら、最終チェックを受け余念なく最後の研修を受ける。その後、一旦は無事に長崎へと各々帰って行ったのだ。 アミュプラザ長崎がオープンする前に私たちは…

駅ビルの高級服屋のアパレルの仕事をしてみて感じた過去 パート2

昨日の夜、大学生の彼女ととの長電話に付き合わされ、寝ぼけ眼の私は。起きたら10時過ぎだった。他の2人はもう仕事に行っている。会社の規定で、博多の街を見て、服屋を覗いたり、街の色使いを見たりして、色々な勉強をしてこいというのがあり、その先発…

駅ビルの高級服屋のアパレルの仕事をしてみて感じた過去

私は、二十代の前半の頃に某有名高級服店にアパレル店員として入社した。一度、面接を受けて、その後、何度もあししげくハローワークに通い、その面接官に会い、まだ決まりませんか?とか一生懸命やりますのでと言って懇願してみた。 後から気づいたが、その…

五島列島での幼少時代 その2

私の小さいころ私は、五島列島の自然の中で育った。五島列島の自然は私たちには、雄大で色々なものを与えてくれていた。 私たちは、大抵、4、5人の仲間で遊ぶようになっていた。ある日、小学校の裏山にあるダムの先へと進む道を皆んなで行ってみようという…

父の車に乗って

私は、小さい頃「後ろに乗りなさい」と言う母の声を後ろに「お父さん、お父さんの運転を見たいから助手席に乗っけて」と父に言っては、父の助手席をいつもゲットしていた。 父の安心できる車の運転に乗りながら、街の看板や、標識の文字を読むのが好きだった…

PPAP

今、巷で世界を騒がせているPPAP、皆さんご存知でしょうか。彼のYoutube爆発的ヒットはどこにあるのだろうか。最初はジャスティン・ビーバーが面白い日本人の動画があるという投稿からがことの始まりみたいだ。 今は世界で一番短い曲の中で、一番ヒットして…

五島列島での幼少時代 その1

私は、小学二年生の夏休みに神奈川県から、長崎県の五島列島に引越しをした。 私の記憶が確かなら、親は、神奈川から長崎の五島列島までの道のりを車で二人交代で運転したはずだ。 一度、大阪で親戚のおばちゃん家に泊まり、五島列島まで二日がかりで行った…

IQOSを使って一ヶ月 どう変化しただろうか

私がIQOSを使い始めてから、約1ヶ月が経つ。最初にIQOSを吸った感想はクリーンな感じがして美味しいというものだった。3日経つとせっかくIQOSを吸い始めたにも関わらず、タバコが懐かしくなり吸いたくなった。 ぐっもん!今日は銀二の運動会来てる可愛い姿…

家出先は、ハウステンボスのカウントダウンparty パート3

朝、気の良さそうなアメリカ人海兵に起こされ私は起きた。「俺はベースに戻るけど一緒に来るか」という。言われるがままに、ベースへの道を2人で歩いた。彼の名前を忘れてしまったが、軍を辞めたら絵描きになりたいということを話したり、もっと私の英語が…

チビたちとの保育遠足

私のチビたちの保育遠足は、土曜日の日に行われた。場所は動物園となっていたのだが、あいにくその日は朝から小雨が降っていた。その天候次第で、開催場所が変更になるかもしれないという話もあったので、保育園のホームページを見ながら動向を伺っていた。 …

神様がくれたリフレッシュ旅行 パート5

サンメッセ日南から出ての昼ごはんを人気カフェの鉄板焼き焼きそばで済ませた私たちは、田舎への道のりを私の運転で急いだ。いち早くチビたちに会いたいからである。 途中の道の駅でお土産を買い家に着いたが、人が誰もいない。時間があったので婚約者に庭の…

神様がくれたリフレッシュ旅行 パート4

朝、この旅行初、久しぶりの日の光で目が覚め、昨日、夢から癒してくれた婚約者に感謝しつつ、「おはよう」と挨拶をして、モーニングコーヒーを入れてもらう。朝から、気持ちも晴々、やる気満々である。 朝からササッと荷造りを済ませフロントに向かう、いつ…

神様がくれたリフレッシュ旅行 パート3

夕方、6時半にフロントのお姉さんから聞いた居酒屋に個室の予約を入れた私と婚約者の2人は、本当はチビたち2人もこの旅行に連れてくるはずだったので予約通りある 3つのベッドを見てチビたちの話などしていた。 海外のホテルフロントとかによくあるパン…

神様がくれたリフレッシュ旅行 パート2

2日目の朝、私は尿意を催し目が覚めた。起きると5時前後だったかもしれない。婚約者はいつも起きる時間なので、起きてきた。 車の外に行くと、そこは海。2人で朝の雨降る海を眺めながら写真を撮った。朝、6時頃に青島に着いた。しかし、駐車場には人がい…

神様がくれたリフレッシュ旅行 パート1

私は、近頃、仕事の多忙さと最近では、なかなかいい感じにわんぱくに仕上がってしまったチビたちの育児に疲れホトホト疲れていた。毎日の変わりばえのない生活、溜まる疲労。私は、知らぬうちにどんどん心の闇を作っていた。 今まで、はまりにはまって大金を…

中総体 minutes単位の桜木花道

中学校時代、私はバスケ部に所属していた。私たちの部活は先輩からの風当たりも強く、先生のコーチングも厳しかった。そういうこともあって、最初いた30人近くの部員も何人もの部員が辞めていく中、私たちの学年7・8人は残った。私には、あまりバスケッ…

家出先は、ハウステンボスのカウントダウンparty パート2

駅よりハウステンボスへの道を進んでいた私だが、親の元を飛び出すのが先決で時間など全然見ていなく、待ち合わせ時間まではとんだフライングだった。待ち合わせた時間は夕方の7時なのに私は昼の3時、4時頃にはハウステンボスに到着してしまったのである…

土、日の一泊旅行と田舎からの訪問者

私は、約一ヶ月後にパートナーとウチの家族で、家族旅行に行く計画を立てていた。 しかしながら、どうしても私の中の旅に出たいという想いは打ち消せず、土曜日に母が田舎から我々家族の元を訪れた後に決行したのだ。 母は、お昼頃にやって来た。私がお昼に…

家出先は、ハウステンボスのカウントダウンparty

私は高校時代、毎朝5時半には起きては始発のバスで学校に行き、夕方帰って来て、夜中の3時まで勉強の繰り返しに嫌気がさしていた。 なので、親に頼みこんでハウステンボスに、同じ高校の男友達と、帆船パーティーで知り合ったオーストラリア女子とで遊びに…

帆船パーティーwith オーストラリア女子♡

高校二年時の春休みに行ったオーストラリアのホームステイより、私は海外の虜になっていた。 高校を訪れたシンガポールとマレーシアの留学生のホスト役も仲のいい友達と買ってでたし、もちろん、その娘達が国に帰っても情報交換の文通をオーストラリアのペン…