読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向こう水博士

向こう水博士は、世の中のあらゆるテーマに対し率直に素直で真摯な意見を考える、いわば人生を好転させる福の神のような存在です。宜しくお願いします。

早朝、読書習慣

f:id:k-taniguchi-1234:20160911121227j:plain

    私は、元より夜型人間である。そんな私が早朝に読書習慣を始めたのは、私の尊敬する方から聞いた新習慣の取り入れ方のいろはがあったからだ。今では、実践して、ちょっとした優越感に浸ったりしている(笑っ)

 

 

 

 

 

 

これについての本が出ており

 

 

 その本の内容とは

・人間は太陽のサイクルで朝起きするのが一番生理にかなっている

・人間の一日のサイクルはなぜか25時間だが、朝日(9時頃まで)

 を浴びると24時間に調整される

・太陽は平均するとだいたい、5時間頃(東京基準)に日の出を迎える。

・上記の理由で、5時半頃起きるのが理想的で、

 それより前に起きるのは無理がある。

 

ということでした。

 

 

 

 朝方、まだ周りも静かな頃に起き出して、朝のコーヒーブレイクを済ませ、ゆっくりと出社前までのきまぐれ読書タイム。かなり、心地よく朝のひと時を満喫できるものです。

 

最近では、季節柄読書もしやすくなってきて楽しく本を読み、朝の出勤時などに読んだ本の内容を反芻しては、自分妄想に浸るのである。なんとも、楽しい時間である。

 

 

 

 

 この早朝習慣は、勉強や仕事にも使えるらしく。夜遅くまでの、宿題や仕事をするよりも一旦寝て、脳に休憩を入れてからのワークの方が成果が上がるという報告である。最近の、学生などはすでに取り入れて早朝ワークを実践しているところが多いらしい。

 

 

 早朝、読書習慣を持つのは、心にゆとりを持ち、自己啓発本や実用書を読むのにも最適な心のゆとりの時間帯であり、まだ誰も起きていないであろう時間帯に一人の時間を持つといういい時間になり得るのである。

 

 

 

 

 

 これから、秋の夜長に向けて夜に本を読む人もいるかもしれませんが、一度は早朝読書もお試しください。早起きは三文の得と昔から言います。きっと、何かを得られるはずです。

広告を非表示にする