向こう水博士

向こう水博士は、世の中のあらゆるテーマに対し率直に素直で真摯な意見を考える、いわば人生を好転させる福の神のような存在です。宜しくお願いします。

子供だった自分がパパとなり、思うこと。

f:id:k-taniguchi-1234:20161007090752j:plain

子供の頃、知りたい事を聞くのは父、頼み事をする時には父に、困った時には父に、と頼りになる存在が父だった。

 

 

 

父の背中はいつも大きく、頭が良くて、何でも知らない事は教えてくれ、重い物だって持ち運び出来、何でも出来て頼れるのが父だった。

 

 

 

それが、今、その時のチビ助が大人になり2人のチビ達の父親になっている。

 

 

 

 

 

 

今、チビ達は、パパのことをどう思っているのだろうか?ずばり目の前にいる2人に聞いてみた。

 

 

 

 

「パパはお前達にとってどんな感じかなぁ」と。

 

すると、娘「頭がカッコイイ」近頃、暑くて前々から一度バッサリ切りたくて切った坊主頭が娘のお気に入りらしい。

 

 

 

「あと、お顔も好き」これは、もう自分と似ているからであろう。そして、「お仕事している姿がカッコイイ」との話しであった。最近、家でも行うパソコンでのワーク姿がカッコイイらしい。

 

 

娘のパパを見る目は厳しいので高評価だったように思える。かなりの満足度である。

 

 

息子の方は、「パパは全部カッコイイよ!」とこれまた可愛い事を言ってくれる。

 

 

今の所、パパのチビ達に対する評価はいいらしい。

嬉しい事この上ない。

 

 

 

 

 

私は、私の父を確かに尊敬はしていたが、好きかどうかとはまた別の話であった。私達の時代の父親像と今のパパさん達では、それは、違いがあるに違いない。

 

 

しかしながら、私がチビ達を叱る時には、父の教えできちんと叱り、遊ぶ時や甘えさせる時には自分が子供の時にして欲しかったことをするように心がけてきた。

 

 

 

何が正しくて、何が間違えなんて分かりはしないし、幼児教育は本当に難しい。今、こうして2人のチビ達がパパに対して、良い気持ちを持っていてくれて、本当に嬉しい。何よりも嬉しい事だ。

 

これからも、この最先端方のチビ達を真っ直ぐに元気に育て、世に送り出したい。

 

 

かつて、私の親がそうしたように。

 

 

 

 

 

 

 

KOMBUCHA生サプリメント!最安値は公式サイトから!

 

発酵ザクロドリンク【若榴da檸檬】