読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向こう水博士

向こう水博士は、世の中のあらゆるテーマに対し率直に素直で真摯な意見を考える、いわば人生を好転させる福の神のような存在です。宜しくお願いします。

神様がくれたリフレッシュ旅行 パート4

f:id:k-taniguchi-1234:20161028160317j:plain

朝、この旅行初、久しぶりの日の光で目が覚め、昨日、夢から癒してくれた婚約者に感謝しつつ、「おはよう」と挨拶をして、モーニングコーヒーを入れてもらう。朝から、気持ちも晴々、やる気満々である。

 

朝からササッと荷造りを済ませフロントに向かう、いつの間にかフロントの人たちも変わっていたが、というのも当たり前のことではあるが、彼らに「行ってらっしゃいませ」と気持ちのいい挨拶を貰い今日一日がスタートした。

 

 

今日の日程は今回の旅でメインにしていたので天気予報を見て昨日延期したサンメッセ日南である。朝からノリノリで運転を買って出た私。サンメッセ日南までの道のりはとても快適で、途中で寄ったコンビニでは、婚約者は優しく親切な店員さんにめぐり合い、私はコンビニを出る時には、土方の強面のおじさんがわざわざ扉を開けて待っていてくれて、「すいません、ありがとうございます」というと何も言わなかったが会釈をして去って行った。

 

幸先のいいスタートに気を良くした2人は、サンメッセまでの道のりで途中途中で鬼の洗濯岩や荒波に乗っているサーファーをカメラスポットで携帯に収め、海の潮風を満喫しながら、温かい光に包まれて、目的地に向かった。

 

 

 

到着すると、かなり多くの人たちが訪れており、日本人だけではなく色んな国籍の人たちがこのサンメッセを訪れていた。着くとすぐにCMでも有名な7体の様々なモアイたちが立ち並んでいた。

 

 

説明抜粋

 

海岸沿いにある広々とした公園です。 世界で唯一、イースター島の長老会から許可を得て、レプリカのモアイ像が置くことが許された、とても有名な公園です。これはチリ地震で倒れてしまったモアイ像を日本が復旧を手伝ったという、友好の証なんですよ!


パーク内にはモアイ以外にもショップやレストランもありますよ。ジャージー牛の乳製品がかなり好評なのでおすすめですあ。また、サンライズの絶好スポットとしても人気が高く早朝から多くの人が訪れるのだそうですよ。

 

 

とりあえず、モアイはお楽しみで最後に周るということにして、展望台を目指して歩いた。こういう観光地には、マナーの悪い奴らはつきもので、私と婚約者が楽しそうに歩いていると、男4人組でパークを訪れていた若い奴らが、タバコを吸いながら人の方をジーッと睨みつけている。

 

こういう手合いは、男4人でパークを訪れるくらいまともな感覚ではないので、無難にスルーしておいた。もちろん周りは、若いカップルや楽しそうにしている観光客なのにいきり立っているバカを相手にするほどお人好しではない。

 

 

パークから見る景色は綺麗な緑色の海もバックに広々とした敷地で雄大な古代の文明を思わせるようなとこがあった。それから、パーク内を程なく周り、7体のモアイ像にたどり着いた。

 

 

 

私と、婚約者は喜びモアイたちと写メを撮った。モアイ一体一体には、意味があるらしく金運や、健康運、仕事運、結婚運、旅行運、健康運、全体運など1つ1つのモアイが意味をなしていた。

 

私たちは、周りにいる観光客の人達と写メの取り合いっこを仲良くしながら、一つ一つのモアイに誰よりも長く抱きついていった。

 

そこまで、来るとかなり満足して、12時前昼ごはんを食べる場所を探しながら、チビたちに会いに行くべく田舎の母のところに行く計画を立てていた。

 

昼からは田舎の方面である。

 

 

 

…to be continued