読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向こう水博士

向こう水博士は、世の中のあらゆるテーマに対し率直に素直で真摯な意見を考える、いわば人生を好転させる福の神のような存在です。宜しくお願いします。

五島列島での幼少時代 その2

f:id:k-taniguchi-1234:20161017111754j:plain

私の小さいころ私は、五島列島の自然の中で育った。五島列島の自然は私たちには、雄大で色々なものを与えてくれていた。

 

私たちは、大抵、4、5人の仲間で遊ぶようになっていた。ある日、小学校の裏山にあるダムの先へと進む道を皆んなで行ってみようという話が持ち上がっていた。

 

ダムの裏山の道は、かなり広く入り組んでおり、私たちにとってかなり興味を引かれる面白そうな道だった。

 

 

 

私たちは、休みの日に集まりいつもの自転車に乗り、その道を登り始めた。登り始めて、しばらくするとダムの形跡が見えてきた。一気にテンションが上がる。「ダムがあるぞー!!」私たちは、「わーっ」と走って一気にダムまでたどり着いて、近くの地域に水を供給しているダムに目をやった。緑の自然の中にダムがあり良い眺めである。

 

 

その後、山の頂上までやっとの思いで到達する。山の頂上まで行くと、もう私たちの他には気配がなかった。コンクリートの建物が金網に守られて立っている。それは、まるで何かの要塞のように私たちには感じられた。金網をよじ登って入ってみる。しかし、鍵がかかっていて開かない。

 

もっと奥に進むと、全く見たこともない風景ばかりが続き、いつも見てる反対側の海が見えた。そこまで進むと少し怖さが出てきて私たちは引き帰した。

 

 

 

 

下の私の家のあたりまで戻り着くと、クラスの女子たちが遊びに来ており。川に誘って、ドンポという川魚釣りをして遊んだ。私たちの島での遊びは目の前にあるもの全てが遊びに直結していた。しかも、自然と戯れる形で。とても、楽しい島遊びであった。

 

島はいつも私たちに色々なものを見せてくれ、教えてくれ、育んでくれていた。