向こう水博士

向こう水博士は、世の中のあらゆるテーマに対し率直に素直で真摯な意見を考える、いわば人生を好転させる福の神のような存在です。宜しくお願いします。

私と私の身体事情

f:id:k-taniguchi-1234:20161007091829j:plain

私にとって、ダイエットは一番無縁のところにあるものだった。なぜなら、学生時代より引き締まった身体を手に入れていたし、社会人になっても身体を動かす仕事が多かったためか太るという事は全く縁がなかった。

 

 

しかし、それが今になって事務作業のようなパソコンワークをするようになってからというもの、体重の維持はもとより、コントロールが難しくなってしまった。

 

というところで、私は、肉体改造を始める事にしたのだ。肉体改造を始めて約3ヶ月私は、いろんなことに取り組んだ。夜は炭水化物を抜く事や、昼のご飯を減量する事、ストレッチや筋トレを軽く始め、間食をなるべくやめる事。

 

 

 

だんだんそれは形となって、数値に現れ始めた。体重が減り始めたのだ。こうなるとダイエットは、楽しい趣味と変化するのだ。私は、ダイエットに取り組んでいる自分が好きである。ダイエットは、あくまでもゴールに向かってで、私はその過程のダイエットが好きなのである。

 

元はと言えば、自分が不摂生してできた身体ではあるが、その身体を引き締めるべく自分なりに努力を重ね、少しずつ結果を出していく。何か、仕事や人生と似ていないだろうか。

 

 

 

欧米などでは、自己節制をできない人は、あまり社内で評価されないらしいという話を聞いた。一概にそうだとは言い切れないとは思うが、あるとは思う。

 

ダイエット、自己の管理は身体に現れる。筋トレをしていると早い人で1ヶ月もすると身体に変化がおとずれる。筋肉が少し浮き出してくるからだ。3ヶ月続けたものなら、なかなかいい身体になっているに違いない。

 

 

ダイエットや筋トレ、ストレッチというのは、一朝一夕に結果が出るものではない。しかし、毎日の少しずつの積み重ねが必ず身を結ぶものだ。そして、それは自信に繋がる。そして、健康な身体を作ってくれる。

 

私は、ダイエットを苦に思わず、ダイエットの減量できた時の嬉しい気持ちや、習慣化したいつものワークをこなす大切さを大事にこれからもダイエットを楽しみたい。

 

 

そして、いつかブラットピットのようなナイスなバディを取り戻したい。

 

 

広告を非表示にする